スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食欲の秋!

2009.09.26 *Sat
今日は『秋期限定栗きんとん事件』上下巻を読んでしまいました。
ついつい止まらなくなってしまって…。
読書ノートもきちんとつけ始めたので、がんばらなくてはと思っているのかもしれません。
お菓子が出てくる話ですから、なんだか読み終わった後、お菓子を食べたような気になります(笑)
高校の友人たちと会うと、だいたいケーキも食べますが、大学の友人は私が甘党だというイメージは持っていないかもしれないですね。
結構たくさん授業をとっていたので、お昼ごはん以外を食べる時間があまりなかったんです。
でも、卒論後にケーキを食べた時には、ショートケーキのためにじゃんけんをがんばったりしましたけどね。
そういえば、22日にケーキを食べた時に、なかなかどれにするかが決まらず、「2つにする?」と聞いた私に友人はとても驚いていました。
お昼を食べていないということを聞いたので、それに対する気遣いも含んだ問いだったのですが、びっくりされたことに私がびっくり(笑)
でも結局、1つにしましたね。
そうそう、本の感想。
おもしろかったです。シリーズの続きが出たら迷わず買います。
私はミステリーだろうと何だろうと、気にせず映画を見るように読んでしまうので、謎解きは苦手です。
でも、騙されたりわからないなって思うことが不快ではありませんでした。
あー、騙されかけたよ私もって感じで。
小佐内さんがとても好きです。

私は、大人が「そんなの君にはできないよ」って言うことを成し遂げるのが大好きです。まだまだ子どもだなって思いますが。
可能性を否定しては、人生が色褪せてしまいます。
たしかに、成長するにつれて進める道は限られていきます。自ら捨てるものがあるはずだからです。
それでも、他人がどれだけ信じてくれなくても、自分だけは自分の可能性を否定するべきではないのだと思います。

私は、退職するとき次の仕事を決めていませんでした。
当時の上司には「すぐに決まると思ってる?」と鼻で笑われましたが、私は笑顔で「がんばります」とだけ告げました。内心では「もちろん決まると思ってる」と思いましたが。
父にも「仕事が決まるわけない」と言われたみたいです。
でも、私は自分の土壇場での勝負強さと運の強さを信じています。だから、他人が呆れるような決断も、あっさりとできてしまうのかもしれません。
それは少し怖いことでもあり、強みでもあります。
無難にまずまずの人生を送れればいいと思っていたはずなのに、なかなかそういうわけにいかないのは、きっと生来の性格ゆえなのでしょうね。
冒険するのはやめておこうと口ではいいながら、実はずっと憧れているというか、時々しなくていい冒険をしてしまう…。
別に直したいとは思いませんが、あきらめちゃえば楽なのにと思うことはありますね。

どうしてこんなことを書いたのかというと、嘘をついちゃったからなのです。
でもきっともうかかわらない人だと思うし、どうして私の次の就職先を知りたいのかが、ちょっと不明だったもので…。
私の発した言葉の、3分の2くらいは本当なんですけどね。
お互い、出会ったときから誤解だらけの関係だから、別にいいかなと思いつつ、本当に純粋に私のことを心配してくれたのなら申し訳ないかなと思って、ここで告白。見てないけど。
スポンサーサイト
CATEGORY :
COMMENT (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

Copyright © ゆっくりゆったりのんびりと All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。